◇高橋すさ子さん(若葉町) 漬け物の達人
野菜作りをしながら季節に応じて、旬の野菜を美味しくいただける漬け物を作っています。塩分を控えて野菜本来の旨みを逃さないように気をつけている塩漬けをはじめ、醤油漬け、粕漬け、酢漬け、糠漬け、味噌漬け、そして、ニンニク味にピリ辛とうがらし味など試行錯誤をしながら、自分の味を追い求めています
。お酢をいれるのが、どうやら高橋さんの行き着いた味のこつのようです。また梅の季節には梅干しも作っていますが、カリカリ梅やブランデー梅酒などいろいろ工夫されています。
又、タケノコの長期保存方法も独特なやり方があるようです。一度茹でたタケノコを味のりなどの入っていた空き瓶に詰め、酢を一合いれ、水を満杯にいれてきちんと蓋をしておくと、一年中食べられるそうです。これですとすぐ料理に使えますね。
わが町のカリスマ主婦、高橋さんの裏技のご紹介でした。