県・市町村の取り組み
今後の方向性
耐震推進協議会
耐震化シナリオ
設立総会
第2回通常総会
第3回通常総会
第4回通常総会
 第9回通常総会
宮城県沖地震の再来が切迫しています。
(10年以内50%、20年以内90%、50年以内99%)


阪神大震災では死亡者の80%以上が住宅の倒壊により
亡くなられています。

昭和56年以前の建築基準法旧基準で建築された木造住宅は、宮城県内に約22万戸あり、その内9割の20万戸が耐震上問題があると見られています。



仙南地域住宅耐震隊では耐震に関するご質問を受付しています。
材料や工法、耐震診断のことでお話のある方はお話をお聞かせください。

質問コーナーへ