コース地図

飯淵七三郎翁の足跡と船岡用水めぐり

平成船岡ものがたり

しばたの郷土館
↓ 船岡用水排水路
大手門跡
飯淵七三郎翁頌徳碑
↓
飯淵七三郎翁銅像台座
↓ 詰の門、みだれ坂
踊子草(オドリコソウ)、姫岐阜蝶(ヒメギフチョウ)、姥彼岸桜(ウバヒガン)
館山隧道(四保山隧道)
↓ 船岡用水排水路(改修)
大光寺
↓ 柴田家墓所・句碑
イチョウ(町指定名木)
山崎山公園
↓ 飯淵家墓地公園・六沼干拓(赤沼)
アツモリソウ、方解石、クマガイソウ
仙台大学
↓ 船岡用水排水路(改修)
豊穣之礎碑
↓ 船岡用水と三名生の灌漑
蓮華寺
↓ 北海道跋渉の地
鬼子母神とざくろ
柴田外記・大地唯雄の墓
飯淵七三郎屋敷跡
↓ いろは蔵・飯淵邸敷地図
普門寺跡一普門寺さくら
↓ 姥彼岸桜(ウバヒガン)
白鳥神社
↓ 城下町の枡形
しばたの郷土館

船岡用水経路図

維新当時之舩岡家中地図

枡形について

 維新当時之柴田家中図を見ると道路の中央に黒い四角が見られます。これは「枡形(ますがた)」と言われるもので、大きく作られて道が迂回しているものや、道路の両側からせり出しているもの、小さな四角に描かれているものの三つの種類があります。
枡形とは四角い形という意味で、入り込んだ敵を迎え撃つための土塁でした。攻撃側もまっすぐには進めず、攻めにくくなります。城の虎口(出入り口)を守るために作られる枡形を「馬出(うまだし)」といいます。
道路の中央にあるため、平和な時代になると邪魔な物になり、真っ先に取り壊されたそうです。
船岡はこのようなところに城下町の側面を見ることができます。 

秋本好則・記