平成 船迫ものがたり

柴田町文化財活性化委員会について

 私たちは私たちの生活は先人の文化の積み重ねの上に成り立ち、忘れがちな根っこの部分が大事なことを学んできました。今回、その活動を皆様にお知らせするイベントが、文化庁の「文化遺産を活かした地域活性化事業」に認定され、「平成船迫ものがたり」の開催になりました。
 文化庁も事業について「日本各地には、多様で豊かな文化遺産が数多く存在します。これらの文化遺産は、その地域に暮らす人々の心のよりどころとして、さらに、地域のコミュニティを形成する上で極めて重要なものとして、確実に次世代に継承していくことが求められています。また、地域の活性化等に資する役割が再認識され、その積極的な活用が期待されています。」と述べています。

 今、私たちの時代は、遠めの旅行という感覚で海外旅行に出かける時代になりました。グローバル化といわれることだと思いますが、グローバル化すればするほど、私たちの身の廻りの文化や歴史が大事になります。地域が持つ文化の積み重ねが私たち自身だからです。
私たちはこのような考えから、「柴田時空の旅」を皮切りに「平成槻木ものがたり」を実平成20年に実施しました。船岡から槻木、そして船迫と、少しづつ地域を変えながら続けて行きたいと考えています。
では、地域探求のウォークに出発しましょう。