之波太 目録
標題 執筆者
第21号
H02.3
刊行に当って 渡辺 二郎
柴田町の石仏紹介(9) 加藤 正久
柴田町の貝塚によせて 安藤九平治
『日連丸』と最期(続き) 渡辺 二郎
刈田嶺神社と白鳥信仰 日下 龍生
加藤政勝先生を偲ぶ 編集委員会
・わすれ草のことなど 高橋 正孝
・加藤先生と惟然 水上 啓一
・加藤先生との思い出 日下 龍生
・郷土の俳人たち<創刊号より> (故)加藤 政勝
史跡めぐり
・津山町の史蹟をたずねて 佐藤 勇
・小高町・原町市の史蹟をたずねて 高橋 安房
郷土研究会のあゆみ 編集委員会
会員名簿・編集後記
第22号
H03.12
表紙について 日下 龍生
巻頭言 宮崎 典男
寛文事件私攷 日下 龍生
入間田氏について 高橋 安房
白鳥の思い出 大和田 郷
「ミヨコ象」との出会い 平井 正一
槻のきざんだ年輪 宮崎 典男
柴田郡内の芭蕉句碑について 佐久間 庭蔦
史蹟めぐり
・旅のひとこま
・秋思 岩佐 三郎
・平泉 佐藤 節子
・平泉を訪ねて 高橋 正孝
会員アンケート
その時(昭和16年12月8日)あなたは? 編集部
柴田町郷土研究会歩み(平成3年〜5年)
会則・会員名簿・編集後記
第23号
H08.6
表紙について 日下 龍生
巻頭言 宮崎 典男
飯渕七三郎宛大槻文彦書簡をめぐって
−『伊達騒動実録』のエピソード−
日下 龍生
特集・戦後50年
・父の戦死 長田 幸一
・難行二ヶ月−平壌より 高橋 廣子
・ロシア抑留記 長谷 健治
・あのときの一首 高橋 正孝
・終戦秘話−国共紛争のはざまで 高橋 正一
・仙台空襲に寄せて 広瀬 栄子
船岡第一海軍火薬廠勤労動員学徒の碑について 後藤 彰三
上野山古墳群と周辺の古墳について 安藤 九平治
春の史蹟めぐり
秋の史蹟めぐり
柴田町郷土研究会の歩み(平成6〜8年)
会則・会員名簿・役員・編集後記
第24号
H09.6
表紙について 日下 龍生
巻頭言 宮崎 典男
『仙南日々新聞』の軌跡(T) 宮崎 典男
飯渕七三郎宛大槻文彦書簡をめぐって
−『伊達騒動実録』のエピソード(承前)−
日下 龍生
消えたウマ 加藤 嘉太郎
大陸をさまよった少年たち
−満蒙開拓青年義勇隊のたどったあと−
吉田 昭三
郷土力士広瀬川−気はやさしくて力もち− 後藤 彰三
春の史蹟めぐり 高橋 秀之
秋の史蹟めぐり 駒板 典義
郷土研究会のこの一年
会員名簿・編集後記
第25号
H10.5
表紙について 日下 龍生
巻頭言 安藤 九平治
総督府参謀高橋熊太郎関係資料拾遺 日下 龍生
四日市場名川寺の作タメシと運勢判断のこと 後藤 彰三
『仙南日々新聞』の軌跡(U) 宮崎 典男
少年の夢をふくらませた長谷峯治の音楽人生 後藤 彰三
扇畑忠雄先生の歌碑落成の辞 歌碑建立世話人代表
赤石 健一
白石と相撲 安斎 多実男
春の史蹟巡りに参加して 後藤 亨吉
秋の史蹟めぐり 高橋 秀之
甥への手紙−東北の良さを知って 井上 則子
郷土研究会のこの一年 小玉 敏
編集後記