之波太 目録
標題 執筆者
第11号
S53.3
舟迫の風水害
-記録を主として-
安藤 長吉
郷土の祭り
-その1白鳥神社-
大森  昭
土地改良事業による字名改称の経緯 斎藤 勝好
神社制度と旧船岡村村社の変遷 沓沢 良夫
八雲神社より氏子へ頒布する特殊神符について 水原 廣見
槻木貝塚群とその自然環境 斉藤 良治
ある中世史への試み或いは蟷螂の斧
-富沢磨崖仏群の周辺-
日下 龍生
稲荷山用水路と槻の木を偲ぶ 玉渕 隆平
柴田町の『歴史の道』考 水戸 嘉一
氷水のひとさし 宮崎 典男
町外史跡めぐり(第23回)
-瑞鳳殿と北山方面-
水原 捷廣
町内史跡めぐり(52.11.20)
上川名、入間田、葉坂、成田方面
大槻 憲男
第12号
S54.3
柴田町内における古墳・奈良・平安時代の集落分布について
-地形的条件とのかかわりで-
斎藤 良治
方言と古墳 水上 啓一
しばたまちの自然(その1) 杉浦 誠三
「郷土史」との出合い 阿部 次男
五十嵐蔵人の供養碑をめぐって 日下 龍生
柴田町の地質 安藤 九平治
柴田町内、城、館、考 渡辺 二郎
自転車のアルバム 宮崎 典男
狐に化かされた話 後藤 享吉
史跡めぐりの記(昭53.5.21)
−仙台市内の史跡−
水原 捷広
史跡めぐりの記(昭53.11.11)
−町内の遺跡と城をたずねて−
大野 なお
第13号
S55.3
柴田町の石仏紹介(1)
−石仏を大切にしましょう−
加藤 政久
神社・お寺の屋根などについて 安藤 長吉
岩 留吉
愛宕神社に伝わることについて 中平 今治
『四保』考 日下 龍生
東北線開通前後の交通運輸の一時期
−内国通運会社関係資料にみる−
宮崎 典男
旧槻木地域の水害と排水改良 斉藤 勝好
史跡めぐりの記(1)
昭和54初夏
小林 功
史跡めぐりの記(2)
昭和54秋
水原 捷広
第14号
S56.3
槻木用水路の沿革 斉藤 勝好
舟迫の風水害
−安藤長吉著より−
編集部
蔵王水系に棲息する魚の生態 杉浦 誠三
旧槻木湾と沖積平野の形成についての一考察
−槻木貝塚群と海蝕と海蝕崖の観察をとおして−
斉藤 良治
『うみ』であったころの柴田町
−柴田町の土地のうつりかわり−
安藤 九平治
ふるさと教育を考える 鈴木 貴
庚申塔(青面金剛像) 編集部
柴田町の石仏紹介(2)
−石仏を大切にしましょう−
加藤 政久
柴田町給人考 日下 龍生
「歴史の道」旧梁川街道
−白幡から角田市西小坂郡境まで−
水戸 嘉一
赤土長者についての実説について 中平 今治
妊娠中の禁忌について 及川 美和子
史跡めぐりの記(11.16)
−石巻の史跡をたずねて−
小林 功
史跡めぐりの記(6.15)
−岩手県北上市−
小笠原 明
第15号
S57..3
自転車のアルバム(2) 宮崎 典男
柴田町給人考(2) 日下 龍生
柴田町の石佛紹介(3)
−石仏を大切にしましょう−
加藤 政久
『おそすさん』 水上 啓一
お正月っあんは いいもんだ
−わらべ歌・童戯などの覚え書き−
高橋 千樹
本誌「第15号」刊行記念 会員談話
1.黒石寺の仏像について 飯渕 茂
2.郷土研究会員となった動機、その他について 板垣 正
3.思い出 芳賀 運聖
4.住居と郷土史について 高橋 安房
5.史跡めぐりに参加して 佐藤 節子
6.随想 平井 三郎
7.野草あれこれ 嘉納 芳明
8.我が故郷70余年 平間 広吉
史跡めぐりの記
1.川崎町、山形県上ノ山市周辺(56.6.7) 小林 功
2.水沢市を中心として(56.10.18) 阿部 ます
我妻 礼子
柴田町郷土研究会会報『之波太』刊行目録(創刊号−第14号まで) 編集部
記念講演『阿津賀志山防塁』国史跡指定(56.11.29)
演題
文治5年奥州合戦と阿津賀志山二重堀
東北大助教授
入間田 宣夫